努力はうんこ!?脱サラフリーランスの働き方と収入に迫る!

こんにちは。ハッシーです。

「面白いキャリアを歩む人を取材して視野を広げよう」というこの企画。

記念すべき第1回は、フリーランスとしてWebサイト制作で生計を立てる、S・Aくんを取材させて頂きました!


【S・Aくん】28歳。東京都目黒区生まれ。栃木県育ち。静岡大学農学部卒。バイオ系商社、派遣社員、鍵師を経てフリーランスに。Webサイト制作の傍ら、田舎フリーランス養成講座で講師も務める。

商社マンから鍵師という異色の経歴

–大学は農学部だったよね。どんな研究をしてたの?

蚕をウイルスに感染させて、DNAを発現させる研究をしてた。理系だから何となく大学院に進んだけど、飽きて1年で辞めたんだよね。生物ってグロいし、個体差があって実験結果もバラつくし、結果が出るまでの待ち時間も長かったから、不毛に感じちゃって。院に入った段階で研究職はもう目指してなかったし、続けても意味ないかなって。

–じゃあ周りとは違うタイミングで就活を始めたってこと?

そうだね。新卒枠じゃなくて、いきなり転職枠で就活してたね(笑)。転職エージェントに登録したりして。そこでたまたま見つけた会社が、最初に入ったバイオ系の商社。海外製品を輸入して国内で売るんだけど、扱うものが人の組織とか皮膚、血液、ウイルスだったんだよね。人間の片足、白人の膝下が冷凍で送られてきたこともあるよ(笑)。

–足はヤバいね(笑)。その商社は何で辞めちゃったの?

楽しかったんだけど、特にやりたいこともなく入った会社だったから、だんだん「他にもっと良い仕事があるんじゃないか。」って考え始めたんだよね。そんな時に、担当してた事業を一任してもらえるって話が出てきて。上司にも可愛がられてたから、記念にジャガーをあげるって言われたんだよ。

ジャガー:イギリスの高級車ブランド。

–ジャガーもらったの!?

結果としてはもらわなかった。もらったら会社を辞められなくなると思って。そこから変に色々考えちゃって、仕事に手がつけられなくなって、1週間会社を休んだんだよね。色々悩んだ結果、そのまま辞めちゃった。ジャガー貰ってから辞めればよかったよね(笑)。

–そんなことしたら追いかけ回されるでしょ(笑)。 それからどうしたの?

繋ぎで派遣の仕事をやってた。おばちゃん達に囲まれながら、数値入力してた。でも頭を使いながら、手を動かす仕事がやりたくなってきて。手に職をつけたい気持ちもあって、その時からプログラミングに興味があったんだけど、「ハードルが高そうだな。」と思って手が出せなかった。

仕方なくネットで「手に職」って調べたら、鍵師(かぎし)ってのが出てきた。

鍵師(かぎし):スペアの鍵を作ったり、鍵を無くして困ってる人のもとに駆けつけ、特殊な道具を使って解錠する仕事のこと。

「面白そう!」と思って詳しく調べて、鍵師の資格ってのがあったから、まずそれを取りに行った。1週間の講座を受けて、最後に試験があったんだけど、めちゃくちゃ楽しかった。スムーズにマスター出来て、才能あると思ったんだよね(笑)。

そこで鍵屋さんを紹介してもらって働き始めた。家に帰ってからも1人で練習して、普通は数ヶ月勉強してからのところ、1ヶ月で現場に出してもらえて。

–本当に向いてたんだね!面白い現場とかあった?

めちゃくちゃ綺麗で人当たりの良いお姉さんが、家の鍵をなくして連絡してきたことがあって。開けてみたら、中がゴミ屋敷だったのにはビックリしたね(笑)。家をゴミ屋敷にしちゃう人って、鍵無くしがちなんだよね。

–そんなデータがあるんだ(笑)。

他にも先輩がヤクザの金庫を開けに行った時は、「絶対に中を見るな。」って言われたんだって。ビビりながら、開けた瞬間に顔背けたらしいよ(笑)。取り巻きの人たちは「どうもありがとうございました!!!」って拍手喝采だったんだって。

爆笑するS・Aくん。「ヤバいエピソード出てきてるけど、マジで載せていいんだよね?」と3回確認。

独立心からフリーランスの道へ

–でも、鍵師も辞めちゃうんだよね?

そうだね。結局1年弱くらいで辞めたかな。プログラミングをやってる友達の影響が大きかったね。色々相談をしてたら、「プログラミング向いてそう。」って言われて、気軽に勉強できる環境があることを教えてもらったんだよね。

Progateとかに手をつけ始めて。独立したいという気持ちもあったし、フリーランスの道に行こうかなと思って。

Progate:無料でプログラミング学習が出来るWebサイト。

–鍵師でも独立できそうだけど、その道は選ばなかったの?

鍵師よりフリーランスの方が、時間と場所に縛られないと思ったんだよね。鍵師は緊急時に呼ばれることが多いから、すぐ駆けつけられることが大事。そうなると、その土地に根ざした商売をしないといけないんだよ。

–なるほど!スキルさえ身につければ、どこでもできる仕事かと思ってた。。。

鍵師は業界としても縮小していってるしね。鍵も進化していってるんだよ。スマホと連動の鍵とかも出てきて、駆けつけても結局壊すしかないケースも多くて。将来性もないし、一生やり続けるのはきついなと思った。時々やる分には良いんだけどね。

–そこから田舎フリーランス養成講座を受けに行ったってこと?

田舎フリーランス養成講座:通称いなフリ。田舎に1ヶ月泊まり込みで勉強し、フリーランスとして生きていく能力を身に付ける講座。

そうだね。最初の月からそこそこ仕事を受注できて、「これはイケるな。」と思った。メンターをしてくれたアドレスホッパーMayoさんの影響も受けて、「もうフリーランスで行こう!」と思ったんだよね。

アドレスホッパー:特定の家を持たず、住む場所を転々とする人のこと。

物腰柔らか、だけど知性溢れる素敵な話し方。

–じゃあフリーランスになったのは昨年?

201812月の半ばに養成講座が終わって、そこからフリーランスとしてやってるね。

–じゃあまだ半年も経ってないんだね。フリーランスになってみてどう?

楽しいよ。コードを書いてるのが楽しい。

楽しいと思って取り組めるのがスゴイね!じゃあこれからも、ずっとフリーランスは続けるんだ?

いや、来月から東京に戻って就職しようと思ってサイト制作は独学でもやっていけるけど、もっと高度なプログラミングになると難しいかなって。会社に入って業界のやり方とか常識を勉強して、Webサービスを作れるようになりたいんだよね。実は次の会社も決まってて。

–スゴイ!計画的だね。

気になったこと全部に手を出して気付いたこと

–S・Aくんって同世代の中では、色んなキャリアを経験してきている方だと思うんだよね。仕事選びの際に大事にしてるポイントとかってあるの?

最初はなかったかな。だからこそ迷ってた。最初の会社を辞めようと思ったくらいから、2年くらい自己分析をしていた時期があって。性格分析したり、求人を見続けて色々と考え続けたんだよ。気になったものは全部やってみようと思って、習い事も始めたりしてね。最初はやりたいことが全然なくて、「安定の職」で検索したら公認会計士が出てきた。その場で講座に勢いで登録した。で、1ヶ月で簿記2をとったんだよね。

–1ヶ月で簿記2級!? スゴ過ぎる。。。

残りの資格もどんどん取っていけば、公認会計士になれるんだけど、簿記2級を取った段階で「何やってんだろう?」ってなったんだよね(笑)。調べたら出てきただけで、好きでやってたわけじゃないし。そこからプログラミングの学校についても調べつつ、なんでか分からないけど心理学っぽい習い事もした(笑)。

なんか怪しいこと言い出したぞ。。。

–心理学っぽい習い事?

NLPっていう臨床心理学とかメンタリズムだとか、色々な分野の良いとこ取りした感じのがあるんだよね。自分の認識の仕方を変えるってやつ。当時はやりたいことが分からなくて、悩んでたんだろうね。

重視するべきポイントが、自分でも分からなくて悩んでたんだね。今は何か重視するポイントは見つかった?

今は「圧倒的にマイペースに生きること。」を重視してね(笑)。昔は周りに合わせて、生き辛くなってたところがあって。迷惑をかけない範囲で、自分が満足出来ることをしてれば、周りに良い影響を与えられるなって気付いたんだよね。今はもっと成長して、後続に背中を見せていきたいと思ってるかな。

–カッコいいね。。。同い年の自分が情けない。。。

フリーランスはフリーダムじゃない

–最初会った時、「フリーランスは個人の名前で勝負する分、評価が全部自分に返ってくるから、会社に勤めるより責任感を持って仕事をしないといけない。」って言ってたよね?それを聞くと、「会社勤めより大変なのかな。」って思っちゃうんだけど、フリーランスのメリットって何なの?

仕事のペースを調整しやすいっていうのが、フリーランスのメリットかな。会社にいたら、常に周りに人がいて気を遣うじゃん。働くタイミングとか、集中する時間のコントロールが自分で出来ないし。自分はテンションにムラがあって、テンションが低いときは会社に行きたくないって、思ってしまうんだよね。そういう面では自由だね。

–なるほどね。納期さえ守っていれば、仕事のペースは自由が利くんだね。

フリーダムというよりはリバティかな。良く言うんだけど、フリーダムは完全な自由、リバティは責任の伴う自由って意味合いなんだよ。フリーランスはリバティだね。

終始笑顔で、でもアツく語るS・Aくん。

–実際にフリーランスになってみて、イメージとのギャップとかあった?

うーん。思ってたより楽かな。

–楽!?そうなの!?

うん。ただ、お金の心配をしてしまう人には向いてないかも。「仕事の依頼がなかったらどうしよう。」とか考えちゃう人。継続すれば仕事は取れるもんだし、お金なければ最悪バイトすれば良いし、くらいに僕は考えてる。知り合いに「仕事下さい!」って頭下げても良いし。

–コツコツ頑張れて、ポジティブな人じゃないと務まらないんだね。

気になるフリーランスの収入

–ぶっちゃけフリーランスの収入ってどのくらいなの?

フリーランスになってから、平均したら月に20分くらいの仕事は取ってるかな。コーチングの仕事とかもしてるから、多いときは40くらい入ってるかな。仕事量を抑えてた時期もあって、そのときで月10万くらい。やろうと思えば、月に30万くらいは安定して稼げる感じかな。5-60万稼いでる人もいるけど、1年スキルを磨けばそれくらいのレベルにはいける。今は取れない案件も、勉強すれば取れるようになるわけだしね。

–淡々とストイックなこと言うよね。

フリーランスの恋愛事情について話しましたが、話が散らかるので割愛。S・Aくんは、「フリーランスはモテない説」を唱えていましたが、最終的には「フリーランスじゃなくて、僕がモテないだけでした。すみません。」という結論に(笑)。S・Aくん、モテると思うんだけどな。

フリーランスでいることにこだわりはない

–次の会社で能力を身に付けたらまたフリーランスに戻ろうって考えてるの?

リモートワークみたいな自由な働き方ができて、やりたいことが会社内でできるなら、フリーランスか会社員かにこだわりはないかな。「どっちじゃないと嫌だ!」とかは、あんまり考えてないね。その時の都合で、自由に動ければ良い。いわゆるパラレルワーカーみたいに、会社の仕事と自分の仕事、両方できるのが理想かな。

–じゃあ1番大事にしてるのは、やりたいことが出来たときに、自由に動けるかどうかってこと?

そうだね。自由に動くためにはスキルが必要だと思ってる。ハンターハンターで言うとジンが理想かな。めちゃくちゃ自由なんだけど、ちゃんと活躍できる能力を持ってるあの感じ。

最終的にはクリエイティブ方向、ものづくりにシフトしたいんだよね。ARVR分野に興味があって、そっち方向でやっていきたい。満足いくレベルまでやり切ったら、今度は人を育てる側にシフトしたいかな。それは死ぬまで続くと思うから、それやって死ねたらいいかな。

先々までしっかりキャリアプランを立ててるな。。。

プライドなんていらない

–フリーランスになりたい人に、「これは言っておきたい!」ってことある?

みんながフリーランスとして上手くいくわけじゃない。いなフリを受けても、フリーランスにならずにフェードアウトしていく人もいる。誰にでもオススメできるわけじゃないかな。特にプライドが高い人はキツいと思う。そういう人って仕事がなくても、「仕事ください!」って言えないんだよね。フリーランスは泥臭くやっていくのが大事だね。

–プライドをなくすって簡単そうで難しいよね。S・Aくんはどうやったの?

今まで色々と恥をかいてきた中で、削ぎ落とされていったかな。実は、4くらいから高校まで、吃音だったんだよね。イジられるし、笑われるし、当時は死にたいくらいだった。そういう経験を通して、ストレスにも強くなったし、変なプライドもなくなったかな。

辛い過去も乗り越えて、今のS・Aくんがあるんだね。

少しずつでもやりたいことをこなしていくべき

–仕事に悩む同世代にメッセージを送るとしたら、S・Aくんはなんて言う?

会社が嫌なら、辞めれば良いと思うよ。ただ、「次、何するの?」っていつも聞くようにしてるかな。

会社を辞めたい人って、辞めることが目的になってるから、「次に何がしたいの?」って聞いても、答えられない人が多いと思うんだけど。そういう人たちはどうすれば良いと思う?

徐々にやりたいこと見つけていくしかないと思う。「やりたいことリスト100」を作るのは良かったね。やりたいことを客観視できるし。リストを作ってみると、その中にすぐ出来るものもあるんだよね。食べたいお店とか、観たい映画、読みたい漫画、旅行したい場所、とりあえずこなしていくと、次にやりたいことが出てくる。それを繰り返していけば本当にやりたいことが見えてくるんじゃないかな。

いきなりデカいことは見えないんだよね。山頂からの景色を見ようと思ったら、そこまで登っていく、途中の景色も見ないといけないじゃん。一個一個課題をクリアして、景色と視野を広げて行けば、自ずと道は見えるんじゃないかなと思う。

一言で言うと行動しろってことだね。考えるより動こう。考えても、分かんないものは分かんない。やりたいこと全部やってみれば良いんだよ。その中で自分にとって必要なもの、必要じゃないものを見極めていけば良いと思うよ。

–頭でっかちな自分には、耳が痛いです。。。

–最後にこれだけは言っておきたいってことがあれば!

そうだなぁ。。。じゃあ好きな言葉言うね。努力はうんこ!

「最後の最後で、何言ってんのコイツ?」の顔。

クレヨンしんちゃんのヒロシの言葉なんだ。①踏ん張ること②毎日すること③水に流すこと④その姿は人には決して見せないこと。

–おー!!!うまい!深い!

この言葉を肝に命じてるかな。理想像にはまだまだ届いてないけど、努力はうんこって姿勢で生きてます。

–勉強になりました。休日に付き合ってくれて、どうもありがとう!

まとめ

・バイオ系の商社では足が送られてきてジャガーがもらえる

・ヤクザの金庫は開けても中を見てはいけない

・フリーランスはフリーダムじゃなくてリバティ

・いきなり本当にやりたいことなんて分かりっこない

・やりたいことリストを作って、簡単なことでも良いから潰していくべし

・やりたいことをこなしていけば、また次にやりたいことが出てくる

・その中で必要なもの、必要じゃないものを取捨選択すれば良い

・努力はうんこ!

最後に記念のオバショット。S・Aくん、なんか違う(笑)。

<出演>S・Aくん <写真>つっちー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする